【第三回】ヤフオク転売で仕入れて販売する方法を整理する

こんにちは^^

高橋です。

 

今回で第三回目の内容ですね。

“転売の仕入れ方法と販売場所”

について。

 

どんな種類と手法があるのか、

整理することが可能になり、どうして、

僕がヤフオクをオススメしているのか理解できます。

【稼げない?】となる前に確認しよう!

転売で初心者さんが、

陥りやすい判断ミスです。

僕のところに、多い相談でもあります。

 

”利益率が低すぎて、稼げない”

”扱う商品を間違って、全然売れない”

”不良在庫を抱えてしまう、、、”

 

手法を間違うと、

こういった状況になってしまいます。

もちろん、僕も経験してますし。

 

そうならないための対策を、

アドバイスすることが可能です^^

【友人が体感】どんな手法で皆稼いでいる?

では、稼いでいる方々は、

どんな方法で、稼ぎを実現しているのか。

ポイントは3つあります。

 

薄利多売で多くの商品を販売する

独自の商品を製作&販売する

高利益を生み出せる商品を扱う

 

3つポイントがありますね。

この中で、もっとも、選ばれやすいのは、

薄利多売で多くの商品を販売する方法^^;

 

なぜなら、仕入れ値が安いから、

取り組みやすい、と、「勘違い」してしまう

罠にハマりやすいからです(笑)

 

では、どんな罠なのか、

詳細を見ていくこととしましょう^^

【アマゾン転売】利益率が低い根拠

アマゾン転売の場合、

扱う商品の特徴は、こうです。

 

“主に日用品を扱う”

”生活に密着するような商品”

 

を扱っていきます。

例えば、電化製品、電球とか、

カメラとか、CDとか、おもちゃとか。

 

仕入れ値が、5000円以下のものが多いです。

確かに仕入れやすいですが、いつ売れるのか、

分からずに、不良在庫になる確率が高いです。

 

この根拠として、友人が語っていたから(笑)

という理由もありますが、仕入れ方法を見れば、

一目瞭然です。

【アマゾン転売】具体的な仕入れ方法とは?

主に仕入れする場所としては、

ネット仕入れ、もしくは、店舗で

仕入れします。

 

そして、仕入れ基準で、

重要になってくるのが、下記のような

データが重要とされています。

これ。

モノレートっていいます。

このモノレートで判断するのは。

 

仕入れ可能かどうかを、

1ヶ月の売れ行き動向と、出品者数、

商品人気ランキング。

 

これらのデータを基に、

仕入れしたら、売れるかどうかを判断する。

という手法になります。

【最大の欠点】アマゾン転売の落とし穴

アマゾン転売は、大きな落とし穴があります。

先程のデータ。

 

「確認して仕入れれば、必ず売れる」

 

と勘違いしてしまうことです。

当然、売れなくて、不良在庫を

抱えることがあるということです。

 

1ヶ月で、どのくらい売れているか判断できても、

必ず販売して、売れるかどうかは、保証はないよ。

ってことです(笑)

 

なので、不良在庫を抱えない、僕のところに、

相談が来るわけです^^

【中国輸入】ライバル競争が激化している現実

アマゾン転売と同様に、

中国輸入が選ばれることも多いです。

 

中国輸入の最大のメリットは、

中国の商品だから、仕入れ値がメチャクチャ安い。

 

あとは、独自商品開発ができるので、

製品開発が成功すれば、ガンガン商品を

販売できるっていう部分ですね。

 

基本的には、タオバオ、アリババ。

というサイトから仕入れを行います。

あいのりという方法を経てから、独自商品を開発していきます。
(これは、後ほど解説しています。)

 

仕入れ値は中国元で、表示されるんですが、

1元=16円ほどで計算します。

あとは、時期によって、変動があるので。

 

ネットで調べて、1元いくら?を調べて、

仕入れ値を判断という感じです。

【販売場所】中国輸入ライバルが多い状況とは?

中国輸入は、基本的に、相乗りを

するべし!と言われることが多いです。

 

中国から仕入れた商品は、基本的に、

アマゾンに販売することが多いんですが、

同じ商品を扱っている出品者が沢山います。

 

つまり、あいのりとは、

他の出品者と、同じ商品を扱って、

どんな商品がよく売れるのか。

 

どんな商品が、価格競争になるのか、

同じ出品方法を実戦して、価格競争を、

積極的に行いましょう。ということです^^;

地獄ですよ(笑)

【これぞ!】中国輸入の罠である

価格競争に巻き込まれるということは、

損益をあえて出さなきゃいけない場合が、

めちゃくちゃ多いってことです。

 

つまり、扱う商品数が多ければ、

多いほど、成功に近づけます。

 

これは、何を意味しているかと言うと。

“資金力がなければ、稼げませんよ~”

ってことです。

 

ライバルとかぶる商品を、ドンドン出品して、

検証するわけですから当然、資金が必要です。

数百万円単位の、余裕資金がある人が、

稼げるんです。

【2つの共通点?】仕入れ値が安いけど、、、

これまで、中国輸入と、

アマゾン転売について、まとめてきたんですけど、

共通して言えることは、下記の2つです。

 

◯仕入れ値が安い

◯いつ売れるかわからない

 

いつ売れるかまでは、

はっきりと、予測できないわけです。

 

これが、結果的に、損益が出まくったり、

不良在庫を抱えることに繋がっちゃったり。

 

ってことになるわけです。

僕の所には、不良在庫を抱えている、

資金力がある人だけが稼げるんだ、、、。

 

と気付いた人が、相談してくれるわけです。

あなたには、同じ思いをしてほしくないんですよね。

【なぜヤフオク?】稼ぎやすい?

僕の手法は、ヤフオクを

メインの販売場所として、活動します。

 

つまり、ヤフオクで最初は仕入れて、

そのまま、ヤフオクで販売する方法です。

 

ヤフオクの規約では、ヤフオク内転売を、

ダメ!とは言っていません。

チケット転売はだめになりましたけどね。

 

ヤフオクでどうして稼げるのか?

という部分を整理すると、シンプルであることが、

理解できるんですよ。

【なぜシンプル?】ヤフオクの販売手法を公開

僕がヤフオクで商品を販売した時、

商品が売れるのは、出品してから。

 

”最短3日で売れて、最短5日で入金される”

 

という状況を実現しています。

つまり、売れ残らない根拠と、いつ

売れるのかがハッキリしている状況。

 

不良在庫を抱える不安なく、

どの商品が稼げるのか理解できます。

 

ただ、気になりますよね?

どうして、ヤフオクだけで、脱サラできた?

って部分です。最後にまとめてみます。

【絶対必要!?】なぜヤフオクだけで脱サラできた?

僕の転売手法は、在庫を抱えず、

しかも、高利益を実現していくスタイルです。

 

つまり、1商品あたり、

1万円以上の利益を確保する、

シンプルな手法です。

 

月10万円稼ぎたければ、月10個販売。

月20万円なら、月20個販売。

 

必ず売れることが分かっている前提で、

商品を販売していくわけです。

 

1商品あたり、どのくらいの利益を、

確保しているのか、整理すれば、

誰だって、稼ぐことができるわけです^^

【どう実現?】1商品◯万円の利益を確保する方法

次回、僕の転売手法で、

1商品1万円の利益を確保する方法を、

公開します。

【第四回】1商品1万円の利益を確保する具体策

 

 

 

無料コンテンツ
 

コメントは受け付けていません。