【2020年】ヤフオクブランド品転売4月利益報告記事

前回は2020年3月の利益報告をまとめ

4月は「緊急事態宣言」があり外出自粛期間、本番に差し掛かる。

 

店舗仕入れもできなくなるから

仕入れが厳しくなることが予測している4月でした。

 

結論を先にまとめると…

 

「利益は出せたものの、損益の割合が大きくなった4月」

 

という状況になりました。

なぜ損益の割合が大きくなってしまったのか

理由を含め下記の内容をまとめます。

 

・4月の利益額と利益率について

・結果、損益額が大きくなった理由

・5月の損益額の改善に向けた戦略

 

今回の記事では

「損益額から、不測の事態の状況を把握できる内容」

となっています。

 

武漢肺炎で利益額にどんな影響をもたらしているのか参考にしてみてください。

といっても普通に利益が出ているので「ブランド品転売」は最強ですけどね(笑)

・4月の利益額と利益率について

上記の画像は4月のデータです。

僕には珍しく、損益を出しまくってます(笑)

 

まずは4月の状況をまとめると下記のような感じです。

 

・2020年4月販売商品数:142個

・仕入れ総額:約353万円

・総売上(税込み):約488万円

・粗利:約98万円

・利益率:20%

・1商品あたりの粗利:6,900円

 

3月の利益報告記事では

「1商品あたり、約8,600円の利益を出していた状況」

だったのですが、利益額がめちゃくちゃ下がりました。

 

これには理由があって

「自粛期間中の仕入れが難航したこと」が原因でした。

 

仕入れが難航した結果

「3月に考えていた戦略通りに行動できなかった」ことが

原因で損益額が大きくなっていきました。

 

3月にたてた戦略の振り返りと

4月に損益が大きくなってしまった理由を振り返ってみましょう。

・結果、損益額が大きくなった2つの理由

ここでは3月に立てた戦略の振り返りをし

損益額が大きくなってしまった2つの理由についてまとめます。

 

肺炎の影響と言い訳じみたことを言いたくないですが

4月は特に「ブランド品の相場変動が激しい状態」でした。

 

結果、仕入れ金額と販売額のバランスが崩れそうでヒヤヒヤでしたね。

けど、きちんと利益を出せているのでいいんですが…

 

じゃあ、3月にたてた戦略の振り返りをし、

損益額が大きくなった2つの理由を見ていきましょう。

 

3月に考えた戦略の振り返り

3月に「4月は自粛機関によって仕入れが難航するから」仕入れを頑張ろう!と考えていました。

ただ、仕入れが難航することはかんたんに想像できていました。

 

店舗仕入れ、古物市場仕入れ、ネット仕入れを

バランス良く行うことで、利益を安定して出せるからです。

 

なにごともバランスが大切なのはわかっているけど

自粛期間に入り、どうしようもできず仕入れが難航しました。

 

結果、バッグの出品が多くなり

「自粛期間中によってバッグの需要がない」から

損益額が大きくなってしまった2つの理由につながった。

損益が大きくなった2つの理由

理由は「相場の変動が激しかった」ことと「バッグ主体の出品で損益が大きくなっている」が原因でした。

 

ブランド品の相場の変動はここではお見せできませんが

「仕入れ金額が高いにも関わらず、売値が低くなってしまう」

ブランド品の値崩れが起きていまいた。

(購入者さんは安く買えるから嬉しかったと思う…)

 

プラス、仕入れがうまく行かず

バッグ主体の出品が続いたことによって、損益額が大きくなっていった感じです。

なぜバッグ主体の出品がダメ?と疑問に思った場合は前回の3月における利益報告内容をご覧ください。

→3月の利益報告内容を確認する

 

下記は2020年1月から5月までの損益を出した商品の割合です。

相場変動によって損益を出す割合が増加傾向になっているのは

下記のデータを見ればすぐに分かります。

 

・2020年1月:96個販売した内、8個の損益(損益割合8%

・2020年2月:137個販売した内、15個の損益(損益割合10%

・2020年3月:168個販売した内、24個の損益(損益割合14%

・2020年4月:142個販売した内、33個の損益(損益割合23%

 

上記の数字を見ればわかるように

「自粛期間が本番になるにつれて、損益を出す商品の割合が高くなっている」こと

がわかりますね。

 

加えて、ブランド品の値崩れ現象によって

損益額が加速してしまった結果になったと言えます。

 

といっても普通に100万円近く

利益が出ているのですごいと思いますけど(笑)

・5月の損益額の改善に向けた戦略

4月まで出品してみてわかりましたが

「データを分析しても、もうわからないや!」っていう状態になってます(笑)

 

武漢肺炎なんて誰も経験したことがない事態で

未来予測をしようと思っても不可能だ!と感じているからです(笑)

この時点でデータ分析に頼るのをやめました。

 

でも商品を販売すれば利益が出るのはわかっているから

5月の目標はシンプルにしました。

 

「できることを、全力でやる」

 

です(笑)

そうしていけば、ブランド品の値崩れ状態も

必ず戻るはずですからね。

 

この「必ず戻る」といった予測ができる理由は

不測の事態が発生しても、事態が終息すれば

稼ぎが戻ることを知っているんです。

 

だから、焦る必要はない。

できることをコツコツやることが大切なのです。

 

まぁ、でも世の中全体的に焦りが見えますね。

 

僕は4月の自粛期間本番でも

「利益を出せなくて困っている」とか「持続化給付金」とか

給付関連の話題が出ている中…

 

持続化給付金の対象外でしたから幸せなことだと思います。

 

これもコツコツと努力を続けてきた結果

自粛期間中でも利益を出せることにつながっているのだと思いました。

 

5月も、今できることをやって利益を出していこう、

と思えるいい経験をさせていただきました。

【コンサル生はどうなの?】稼げているの?

武漢肺炎が流行している中、僕の利益報告はいいけども

コンサル生はどうなんじゃ?と思いますよね。

 

普通に稼げているし、僕よりも安定して稼いでいる感じです。

 

コツコツと出品を続けた人がメインですけどね。

基礎に忠実に、諦めずに行動している方が利益を伸ばせます。

 

しかも2月くらいからサポートし始めた方も

実力をつけて稼ぐ準備が整いつつありますからね。

コンサル生にとってもブランド品転売は最強の味方です。

 

それでは、次回の利益報告もお楽しみにー。

【たった30分の作業】5万円獲得する方法

コメントは受け付けていません。