【武漢肺炎】2020年1月の転売の売上と利益を公開します

こんにちは、高橋です。

 

2020年1月の売上利益報告ですが

武漢肺炎が流行している関係で様子見のために

報告を控えていました。

 

約3ヶ月、様子を見てきて結果が出てきました。

”緊急事態発生時の、ブランド品転売はどうなのか”

を知ることができます。

 

もちろん、肺炎の影響はこれかも続くのか

どうなのかははっきりしていません。

 

参考にしてみてください。

それでは、さっそく2020年1月の利益報告へ移ります。

【武漢肺炎】2020年1月の転売の売上と利益を公開します

利益を公開する上でまとめる項目は下記の3つのポイントです。

 

●販売品数・総売上・粗利・利益率

●損益を出している商品の割合と金額について

●1月の総まとめ

 

これらの内容をまとめます。

では、さっそく内容に移ります。

●販売品数・総売上・粗利・利益率

1月に武漢肺炎の影響があるのでは?

という報道があり、どのような落札結果になるのか

わからない中で出品を続けていました。

 

出品を続けた結果が下記です。

 

●販売総数:96個

●総売上:341万4,931円

●粗利(総売上-仕入れ金額-手数料):89万9,143円

●利益率:約26%

 

という結果になりました。

この結果になった理由については

総まとめで見てください。

 

通常通り1月も4回のオークションを開催していれば

月100万円の粗利を達成できていました。

しかし、しゅっぴんしなが

●損益を出している商品の割合と金額について

利益率の高いものばかりを見せて

夢を見せるような発信をする方が多いので

あえて僕は失敗談も公開します。

 

●96個出品して10個損益を出している

●オークション形式で出品したのは1月で3回である

●1商品あたり4,000円の損益を出している

●1回の出品あたり1万円程度の損益を出している

 

僕の場合、損益が出る理由があるので

その理由についてもまとめで話します。

 

まとめは動画で確認してもらったほうが早いです。

なぜ損益が出る商品を出品し続けるか

理由を知りたい場合は下記の動画を見てください。

●1月の総まとめ


上記の動画を見ることで2020年1月

利益の内訳はどうだったのかを確認できます。

 

●なぜ損益が出る商品を扱うのか

●武漢肺炎が流行し始めて利益はどうだったのか

●今後の売上や利益の動向について

 

を動画で話しています。

追加で質問などあれば、メールでもいいですし

コメント欄からでも結構です。

 

時間のある際に返答します。

【たった30分の作業】5万円獲得する方法

コメントは受け付けていません。