おたからやのフランチャイズは失敗する?参入タイミングが重要である

こんにちは、高橋です。

 

あなたは買取店ってどうよ?

と思ったことはありますか?

 

僕は調べたことがありますが、真実が見えてこない。

さらに悪い口コミを探そうと思ってもなかなか見つからない。

 

そんな経験をしたのは僕…

 

今回は買取店を経験した方から

直接話を伺った内容を公開します。

 

先に結論ですが

”その稼ぎ方が身の丈に合っていること”

と断言できます。

 

その理由について語る本題に移ります。

おたからやのフランチャイズは失敗する?参入タイミングが重要である

買取店の真実について話を聞けたのは2人います。

 

●1人はおたからやのフランチャイズで継続的に稼いでいる

●1人は別のフランチャイズで、稼げないから脱退した

 

2人の視点からまとめると

”やるべきか、やらないべきか”

がはっきりと見えてきます。

 

まずはお二方の経歴?どうしてフランチャイズに加盟しようと思ったのかをまとめます。

●1人はおたからやのフランチャイズで継続的に稼いでいる

彼と出会ったのは2年前の話です。

 

ひょんなことから知り合うきっかけがあり

お会いして話を伺えることになりました。

 

●おたからやのフランチャイズで開業する

●資金は1000万円はかかった

●プラス仕入れ資金で数千万円

●駅前の好立地な物件で行う

 

この方は

「おたからやは株価が安定しているし伸びている」

ということで、フランチャイズ参入を決断したようです。

 

プラスして

「買取を促進するための戦略があるから、稼げる」

という独自の集客法を使って稼いでいるようです。

●1人は別のフランチャイズで、稼げないから脱退した

この方は女性であり、町外れでフランチャイズ開業。

今は脱退しています。

 

●2年間フランチャイズ開業をしていた

●月々の上納金と広告費が大きな負担であり

●生活費も確保できない状態であった

 

なので、フランチャイズから脱退する決断をしてました。

 

彼女は言います

「稼げるが、上納金と広告費さえなければの話…」

といいます。

 

稼げる戦略は持ち合わせているが

その分、経費がかさみ稼ぐのが大変な状況である。

TAKAHASHI
じゃあ、経費がかさむってどのくらい?について話を聞けたのでまとめます^^

【2人から学べること】フランチャイズ開業は儲かる、だが…

2人の話を聞いて率直に感じたことは

資金力があり、集客戦略がある場合に参入しても良い

ということが分かりました。

 

なぜこの様に感じたのかは

「2人が話してくれた共通点」を見ればわかります。

 

●情報弱者から搾取(買取)て利益を出している

●買取業だけでは生計が成り立たないから販路も重要

●買取店もヤフオクを積極的に使っている事実

 

この3つについて2人は同じことを言っていました。

 

商品を買取できても

どうやってお金に変えるのか…

まで見据えて行動する必要がある。

 

ここからは、相当な資金を持ってチャレンジしているが

厳しい現実があるんだなぁと学べた事実をまとめます。

【買取店の稼ぎ方】3つの要素で稼ぐが…

2人に話を伺った率直な感想は

かなり割り切って商売をしているという印象です。

 

なぜその様に感じたのか、それは……

「ここを割り切って考えなきゃ、お金なんて稼げない!」

という妥協点を持っていたという点です。

 

情報弱者からお金を奪うじゃないけども

これに似たようなことをやらなきゃ儲けが出ない。

 

これが僕にとって腑に落ちた部分であり

同時に「やはりそうか……」と残念に思うところです。

しかし、買取店もやりたくて搾取しているわけではない事実があります。

 

買取店で稼ぐために必要な3つのポイントをまとめてから

買取店を操っているフランチャイズ本部の真実を暴露します。

【相手によって買取額を決める】情弱は搾取じゃ!

来店した客の顔色を伺いながら買取額を決める。

これは2人共同じことを言っていました。

 

具体的に言えば下記のような感じです。

【客が相場を調べている】高く買取する場合

客「金(ゴールド)を買い取ってもらいたいんだけど。」

買取店「ありがとうございます。参考程度に買取希望額などはありますか?」

客「今日の金相場は○円だから、相場の95%位はほしい。」

買取店「なるほど。では、査定させていただきます。」

TAKAHASHI
つまり、相場を見ている客から搾取しようとすれば、悪い口コミが広がるので買取額を高く提示する。
【情弱から搾取】買取額を大幅に低く

客「金(ゴールド)を買い取ってもらいたいんだけど。」

買取店「ありがとうございます。参考程度に買取希望額はございますか?」

客「うーん。わかんないけど、よく1グラムとか言うじゃない?1グラムあたり1万円くらいでやってくれないかしら?」

買取店「かしこまりました。では査定に移らせていただきます。(相場を全く知らない人だな…だったらかなり安くてもオッケーが出るかも知れない…)」

TAKAHASHI
買取店は客に見積額を出してオッケーを貰えれば良いわけだ。だから、人を選んで買取額を決めている。

買取店は情報弱者から搾取しないと

儲けを出せないロイヤリティーなどの問題があります。

 

何が重要かといえば

”相手が情報弱者か見抜くコミュニケーションスキル”

が絶対必要だということです。

【資金が重要】現金がなきゃ始まらない

買取店を運営するためには基本

毎月100万円以上、固定費が必要です。

 

固定費の負担がかなり大きいことは

2人とも同じことを言っていました。

 

●フランチャイズ本部に支払うロイヤリティ(10万円から30万円)

●毎月の集客にかかるチラシ代(約60万円)

●買取スタッフの人件費(約30万円)

●買取店舗の家賃(場所により変動)

●その他経費(ガソリン代や、交際費など)

 

つまり、100万円以上の利益を出してから

やっとそこから自分の給料を確保できるわけです。

 

これ…めちゃくちゃ厳しいですよね^^;

というか、広告費に60万円とロイヤリティでやられちゃいます。

ただし、運営会社によってロイヤリティの割合と

考え方が違うので全体がそうではないと言えます。

 

とはいえ、ロイヤリティが高すぎて

経営を圧迫するケースについても話を聞いています。

だからフランチャイズは資金が重要なのです…

 

集客に関して言えば、自分で別の集客媒体い

自分で色々考えて集客できる人が稼げるようになります。

【買取店もやっている】ヤフオクで販売する

買取店は普通にヤフオクを使っています。

 

買い取った商品がどのくらいで売られたのか

わからなくするために匿名配送で出品している事が多いです。

買取店はヤフオク以外のサービスも使います。

 

●業者専用のスカイプ査定

●高価買取業者に販売

●リサイクルショップに販売

●ゴミは廃棄物処理へ

 

というように、売り物にならないものは

低価格でリサイクルショップに売りさばくか

ゴミ処理場に持っていくことをしています。

 

ブランド品はスカイプ査定。

金や金券、新幹線の乗車券などは高価買取の

金券ショップに売りさばいて現金化など。

 

どうしたら自分の利益を確保できるのか

買取店の店主それぞれが試行錯誤しています。

【まとめ】買取店は稼げる!しかし本部が丸儲け

買取店はなんのためにお金儲けをしているのかといえば

当然自分のため、家族を守るために商売をしています。

 

しかし、フランチャイズに参入して現実にぶち当たる。

 

●ロイヤリティで経営が圧迫される

●固定費を超えてから、手元にお金が残る

●集客も独自の戦略があれば有利

 

資金力がないと参入できず

参入しても「ロイヤリティのために働いている」

と言わざるを得ない状態になりやすい。

 

とはいえ、情報弱者・相場感覚がない顧客が付けば

経営が安定しやすいことは言える。

 

これは、自己資金が1000万円以上ある状態なら

チャレンジしてもいい業態だと腑に落ちました。

【どう稼ぐ?】コツコツ型が多いんじゃないの?

僕はまだ、資金が伴っていないので

フランチャイズ開業はせず、ヤフオクメインで

ブランド品を販売しています。

 

特別な才能があるわけではないので

コツコツと稼いでいくことを選びました。

 

この選択をしたおかげもあり

必要最低限の経費だけで月100万円

稼げるようになっているので感謝ですね。

【たった30分の作業】5万円獲得する方法

コメントは受け付けていません。