ブックオフせどり儲からない 本当の理由と現実を暴露

こんにちは、高橋です。

 

今日はブックオフせどりに関して

言及していく内容です。

 

僕はブックオフせどりは儲かると考えているし

適材適所で、うまく活用することで人生を好転させることが可能です。

しかし、扱い方を間違うと痛い目に合うのでしっかりとまとめておきます。

 

本題に入る前に、、、。

 

僕のブログで人気記事となっている

せどりのコンサルタントの現実を暴露した内容。

下記から確認できますよ^^

せどりのコンサルタントの痛い現実

下記からせどりのコンサルタントの状況、真実をご覧いただけます。

→せどりコンサルタントの相場と真実を見る

ブックオフせどり儲からない 本当の理由と現実を暴露

ブックオフせどりは結論を言いますが儲かります。

 

多くの場合、儲からないとか言っている人間は

”自分のコンサルに参加して欲しいから言っている場合がほとんど”

というだけであって、本当に儲からないわけじゃないです。

 

●どんな人が稼いでいて

●裏でどんな行動をしていて

●どう言った稼ぎを出しているのか

 

裏側の情報を語れない人間がただ単に批判しているだけです。

 

しかし、正しい情報が必要なのも事実です。

しっかりと稼ぎを実現するためには、現実から目を背けちゃダメですからね。

正しい情報を見て、自分がどのように行動していきたいのか。

整理するために、この記事を役立ててください^^

【儲かるけど・・・】状況に合わせた選択

儲からないという認識は間違いですよ、と言ったわけですが。

 

逆にブックオフせどりで儲けを出している人は

どんな行動を裏で行なっているのか整理します。

下記の内容は副業で本せどりをやっている人の例です。

 

●仕事帰りは必ずビームを行う

●1回のビーム数は1000件以上

●仕入れの数は多い時で100冊以上

 

このようなことを稼いでいる人は裏で行なっています。

非常に効率的な稼ぎ方をしているので

話を聞いていて面白いです。

 

それぞれの項目で、どんなことをやっているのか

もっと掘り下げてまとめてみましょうか。

●仕事帰りは必ずビームを行う

はい、本せどりは基本的に本業向きではありません。

本せどり貯金に向いている手法です。

 

ただ、ここでも本業にしている人がいるのも事実です。

月の利益で100万円を実現してる人はほぼいないですね。

ただ、副業にはかなり向いていて仕事帰りに仕入れをするのが吉です。

 

●本屋さんに立ち寄ってリサーチビームせどりをする

●めぼしい商品があれば仕入れて出品作業をする

●アマゾンで商品が売れたら発送する

 

という作業を延々と繰り返しているわけです。

仕入れのコツさえわかれば、本貯金をアマゾンにする

という認識で、どんどん在庫を抱えていく感じです。

 

これは非常に理にかなっていて、銀行貯金するよりも

効率的にお金が増えていくので副業にはかなり向いています。

月に20万円から30万円くらいなら余裕で稼げます。

●1回のビーム数は1000件以上

実践してしっかり稼いでいる人は、毎日仕入れをしています。

 

毎日仕事帰りに、1000冊以上の本のリサーチをして

時間にして、2から3時間以上リサーチして仕入れます。

 

●毎日仕入れをして出品すれば稼げる

●ちょー簡単じゃん!

 

と思うかもしれませんが、これを毎日続けるのは

ものすごく大変な行動です。

 

だって、ビームせどりをしていれば当然。

店員さんから注意を受けたりする時代ですからね^^;

それでも続ける精神力がかなり重要な手法と言えますね。

●仕入れの数は多い時で100冊以上

少ないときは当然あるわけで、日々安定した仕入れ先を

しっかりと見つけ出せるかどうかが重要です。

 

コツコツと商品を仕入れて販売していく流れさえ

掴んで、毎日行動し続けることができれば。

 

本せどりは副業で稼ぎやすいと言えます。

ただ、本せどりで毎日仕入れをしてしっかりと稼ぐには

それなりの行動量と、毎日必ず続ける精神力が重要です。

 

じゃあ、利益率はどうなの?と言われますが

利益率もいい感じの商品を見つけ出す力さえ

掴んでしまえば拡大できます。

【利益率が悪い?】そんなことはないでしょ

本せどりは利益率が低いと言われることがありますが

決してそんなことはありませんよ^^;

 

こんなこと書くと本せどりは絶対やったほうがいい!

と僕がオススメしているように見えますが決してそんなことはありません。

(状況によりけりやったほうがいい人とそうじゃない人がいるということです)

この点は、最後にまとめます。

 

本せどりの利益率は50パーセントを超えることが

よくある手法です。

 

しかし、利益額が低くなる傾向にあります。

1商品販売して、数百円の利益が当たり前ですからね。

だからこそ、状況によりけりで実践したほうがいい人とそうじゃない人がいます。

【電脳せどり】在宅で楽そうだけど、真実は

さらに、本せどりに関連して電脳せどりを勧める方もいますが

電脳せどりにもメリット・デメリットがあるのも事実です。

 

●電脳せどりより、本せどりの方が楽

●電脳せどりの方が、本せどりよりも効率的

●電脳せどりの方が、精神衛生上いいんです

 

という物の見方ですと、視野が狭すぎます。

 

本当に状況によりけりで整理しないと

自分に合った稼ぎを実現することは不可能です。

じゃあ、どのように整理してけばいいのか。

 

状況によりけりってどんな判断基準で整理すればいいのか。

その辺りを最後にまとめさせていただきます。

【差別化が重要】他人と同じことしても意味がない

副業でも、本業でも稼ぎを実現させようと思ったら

”その手法、その考え方が自分に合っているかどうか”

これが重要です。

 

例えば、本せどりの場合下記のような人に向いています。

 

●資金力にゆとりがある人

●毎日コツコツ仕入れを実践できる人

●専業で稼ぐなら情報発信までやろうと考えている人

 

このような人には本せどりが向いています。

副業レベルで言えば、月10万円稼げれば満足という人。

 

さらに、副業貯金のような考え方で

稼いだお金には手をつけずに、仕入れから販売まで

コツコツとずーっと続けれる人です。

●資金力にゆとりがある人

本せどりは、仕入れた商品がいつ売れるか把握できません。

 

なので、いつ売れてもいいように整理できる人は

そもそも、資金力にゆとりがある人が行なった方がいいと言えます。

 

資金力にゆとりがあるというのは

100万円以上の余剰資金で動ける人です。

資金にゆとりがないと毎日コツコツ仕入れができませんからね。

 

逆に資金にゆとりがない場合は

”最初に資金を作る行動、資金アップの手法に特化して行動する”

ということが必要になってきます。

●毎日コツコツ仕入れを実践できる人

毎日コツコツ行動するには、資金力にもつながってくる話です。

 

精神的なゆとりは安定した仕入れを実現させます。

しっかりとコツコツ行動できるようにするためには

やはり、資金効率が良くないと話が始まりません。

 

物販で収益を大きくしていくには必ず現金資金が大切です。

現金資金がない段階で、資金力にゆとりがないと

稼げない方法を実践しても意味がありません。

 

意味がないというより、長期的かつ継続的に

収益を実現できない状況になってしまいます。

●専業で稼ぐなら情報発信までやろうと考えている人

さらに、本せどりを本業にして稼いでいこうとするなら

情報発信をして、コンサルも交えて行動しないと。

 

生活を成り立たせることすら難しくなります。

本せどり一本で生活を成り立たせているという手法を展開している人は

必ず情報発信をして、コンサル収入も得ている現実があります。

 

決して本せどりだけで収益を発展させれるようなことは

ありませんので、この点だけは注意が必要ですね。

【あらゆる手法の特徴】本当の収益を実現させたいなら!確認!

収益をさらに発展させていきたいのであれば

手法の特徴と実践し始めるタイミング。

 

●メリットやデメリットを踏まえて行動に移せる知識

●自分でしっかりと物事を整理して決断できる状態

 

これらが必ず必要になってくるので手法全体の把握と、自分だけの判断基準が大切です。

判断基準を確立させるために、下記の情報も役立ててもらえると思うので、参考にしてみてください。

高橋が知る限りの手法をまとめたページ

下記のリンクから稼ぎを実現できるであろう手法の特徴を整理してみました。

→収益を実現できるが参入時期が重要!

【たった30分の作業】5万円獲得する方法

コメントは受け付けていません。