メルカリで稼ぐ仕入れは確定申告が必要なの?疑問を解消します!

高橋です^^

 

今回の内容は確定申告に関する内容です。

メルカリで稼ぎだしたら確定申告が必要なのか?

一体いつから必要になってくるのか。

 

僕の顧問税理士から聞いた内容も含め

あなたが確定申告で困らないような情報をまとめました。

ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

今回の内容をざっくり解説!
  • いつから確定申告が必要なの?
  • 無職、会社員での確定申告タイミングの違い
  • 物販で確定申告の大変さとは?

これらの内容について、詳細をまとめていきます。

稼ぐからには、確定申告との付き合いは欠かせません。

 

しっかりと、必要・不必要を判断していきましょう。

メルカリで稼ぐ仕入れは確定申告が必要なの?疑問を解消します!

確定申告についてはかなり重要な知識です。

なぜなら、僕が失敗しているからです(笑)

お恥ずかしい・・・

 

しかし、あなたには絶対に失敗してほしくないので

今回の記事をまとめることにしました。

 

確定申告のタイミングだったり、種類について

一緒に学んでいきましょう!

【確定申告必要なし?】どうやって証明する?

まず、確定申告は毎年2月16日~3月15日までとなっています。

この期間を過ぎてしまったら、申告漏れとして扱われます。

 

そして、確定申告が必要な人、そうじゃない人がいるので、そのへんも詳しく知っておく必要があります。

 

まずは、必要・不必要を整理するための方法を3つのポイントでまとめます。

【必要なし!】年間20万円以下の所得

年間20万円以下の場合は確定申告が必要ありません。

これは、雑所得に分類されるからです。

 

ただし注意してほしいのは副業であった場合にこの20万円が該当します。

それ以外の専業主婦についても、詳細をまとめているので

参考にしてみてくださいね^^

 

”年間の売上-仕入額-その他諸経費”

 

この計算をした場合に、年間で20万円以下の

利益だった場合は、確定申告が必要ありません。

 

ただ、計算は絶対的に必要になってきます。

日々の売上、仕入値、梱包資材などの諸経費は絶対的に計算が必要です。

【必要】年間◯万円以上の所得の場合

つまり年間20万円以上の、儲けを出している場合は

必ず確定申告が必要になってきます。

 

経費として扱っている項目についてですが

僕の場合は下記の項目が比較的多くありますね。

 

  • 仕入れ
  • 電気代
  • 通信費
  • 交通費
  • 教材やコンサル費
  • 送料
  • 消耗品
  • ツール代金

 

など、物販に関わる諸経費ほとんどすべてが該当します。

僕の場合は事務所を構えてやっているので家賃はすべて

経費扱いにできていますが。

 

最初は自宅でやっていました。自宅でも経費にできますが

計算が面倒だったので、経費に入れていませんでした。

【番外編】主婦の場合は申請方法が違う?

主婦の場合は、利益の計算がちょっと違います。

雑所得に分類される金額が会社員よりも多いです。

 

専業主婦の場合は、38万円以上の収入がある場合に

確定申告が必要になってきます。

 

つまり、それ以下だったらやらなくていい。

ということになります。金額的にはこの程度の

把握で十分ですので、あまり深く考えなくても大丈夫です^^

【いつから必要?】確定申告が必要なタイミング

僕がおすすめしているのは確定申告を行う際の

経費の処理の行い方について、ちょっとの知識をつけること。

 

  • 白色申告と青色申告の違いを理解する
  • 経費計算ツールを使って日々計算する

 

この2つだけは理解しておいたほうがいいです。

日々あなたが経費計算をする際に役立つツールと

青色申告白色申告の違いを整理していきます。

【白色申告?】青色申告?なんだそりゃ?

白色申告と青色申告の大きな違いは。

税金を受けなくてもいい額の優遇率が違うということです。

 

●白色の場合⇒10万円の控除を受けれる

●青色申告⇒65万円の控除を受けれる

 

たとえば、100万円の利益を出したとします。

白色申告の場合は、90万円に対して税金がかかります。

 

逆に青色申告の場合は、35万円に対して税金がかかります。

これは、儲けをしっかり出したときに青色申告に

していけばいいので最初は白色申告ですね。

 

白色申告の確定申告の場合は、簡易簿記といって

かなりざっくりした表記でいいのですが。

 

青色申告の場合は「控除額を増やす代わりに丁寧に記載する」

複式簿記を使ってくださいねーという決まりになっています。

【経費計算ツール】簡単経費計算ツールを活用する

このツールはめちゃくちゃ簡単で大丈夫です。

 

最初は先程も言ったとおり、白色申告で

簡易簿記形式で確定申告を行います。

 

なので、フリーの経費計算ソフトを使って

簡単に経費計上すれば問題ありません。

 

  • フリーという経費計算ソフト

 

フリーという経費計算ソフトは簡単で

無料で始めれるので、おすすめです。

 

これをつかって、確定申告に備えて経費計上を行えば

利益が出ているのかどうかもしっかり把握できます。

【高橋がやっている方法】コンサル生がやっている方法

さらに、経費計上で重要になってくるのは

入力方法などが正しいかどう価格にすること。

 

日々の業務になってくるので、欠かさずに行っておいたほうがいい内容ですね。

この確認方法ですが、下記の場所をおすすめしています。

 

”青色申告会”

 

地域には必ず青色申告会というものがあります。

そこへ行って、あなたの経費計上が合っているのか

修正したほうがいい場所はあるのかどうか。

 

無料で相談に乗ってくれます。

僕がサポートするよりも、直接聞きに行ったほうが

早く理解できます。

 

餅は餅屋の精神ですね^^

【更におすすめ!】確定申告する前にやっておきたいこと!

ここまで確定申告の重要性についてまとめましたが。

最初は、確定申告っていう言葉を聞くだけで怖い。

 

利益を出したらどうしよう、、、という不安の念に駆られますが。

 

”その不安はきちんと稼いでから考えればいい”

 

という場合がほとんどです。

稼ぐ前から、悩んでも仕方ないことのほうが多かったり。

稼いでから、きちんと考えれば問題ありません。

 

最初は個人事業主から始めると思うので

個人事業主レベルであれば、ちょっとざっくりしていても

最初の間違いは大目に見て貰える場合がほとんどです。

【税理士が語った真実!?】高橋の経験から教えます!

僕の顧問税理士が言っていたのですが

これ以外にも、最初だから認められる失敗があります。

確定申告がざっくりでもいいの?

個人事業主と法人では何が違うの?

税理士はどこまでやってくれるの?

など、ブログではあまり公にしたくない
裏情報をメールマガジンでお伝えしてます。

高橋の無料メールマガジンで学ぶ

 

 

 

 

 

 

 

【たった30分の作業】5万円獲得する方法

コメントは受け付けていません。